Parmanent Yellow

おもに洋楽とマンガを愛する、アルパカニアの徒然日記…

Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Profile
my summersonic’10 act
m-newwave.b
FLESH&BLOOD ドラマCD特集ページ
Category
Comment
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ 4/12 A Red Season Shade@渋谷O-Nest
100414_2257~01.JPG
ARSSのライブに行って来ました。

しかし、生憎の雨…
結構な確率でライブは雨女なわたし。


それはさておき感想、感想。

まずはサポートアクトの
Number0。
実はこんなこと言うのも恥ずかしいんだけど、どうやらこのバンドを見るのは初めてじゃないらしい…
なんで曖昧なんだよって話なんだけど、ごめんKYTEのファーストツアーのときに対バンしてた記憶が全くない。

たぶんそのころは我関せずなメロディ系統だったんだな。散々、ニュー・レイヴのフォロワーはシガー・ロスを引き合いに出されてきたけど、音的には彼らが一番そこに近い感じ。ヴァーカリゼーションとかはまさに影響を受けているんじゃないかな?

そして、何よりその儚い楽曲とバックスクリーンに写し出されるストリーミングビデオが美しい。
音楽っていう言葉よりは、芸術って言葉が一番しっくりくるそんな完成度。

うちの趣味が変わったっていうのもあるんだろうけど、いやはや今までスルーしてしまっていたことが申し訳ない。

そして…


ARSS

ちょっとセッティングに手間取ったかなと思うものの、無事スタート!

やっぱARSSはライブで見る価値のあるバンドですよ。
エレクトロニカの系統に数えられている彼らだけど、根本的にギターの演奏とかを実に大事にしているバンド。
ライブを見てそれを更に実感した。
ギターもしっかり慣らすし、どちらかというとロック色が強い。
Talk To Meのギターワークはまさに必酔!

それでも演奏4曲目のようなインストの楽曲は優しい音色で本当に心酔してしまう。
ちなみ、ここで初めてボウイング操法なるものを生で見ました!(笑)
なんかもう感じ入っているのに更に感動してしまった…
(*´A`)

あれですね、彼らは対極の表現力をもつ楽曲を上手く併せ持ってますね。
アグレッシブ且つロウキー。単調にならないのが魅力です。


しかし、ライブの感動を味わう暇もなくそそくさ退却…
(;´A`)

だって終電が〜
田舎者の辛いとこっす。

まぁしっかりグッズ販売は寄って行きましたが(笑)
とりあえずARSSの1st(欲しくてSTMにかけあってた)とポスター買いました。
というかスタッフさん皆良い人過ぎます!

たぶん…
ラリーの社長さん?(下手でデジカメで写真撮っていたので)缶バッジ欲しいってわがままいってすみません。

はい、Film Noirの特典って知ってました。
ブログ読ませて貰っているので、でも喉から手が出かかっちゃったんです。
ちゃんとFilm NoirのCD買って戴きます!

後間違ってたらすみません。社長さんカジヒデキに似てると思う…雰囲気とか。

褒め言葉ですよね?(笑)


何はともあれメンバーのサインを貰えなかったのが残念でならない。
…(〃_ _)σ‖
| 音楽 | comments(0) |
■□ スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex