Parmanent Yellow

おもに洋楽とマンガを愛する、アルパカニアの徒然日記…

Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
my summersonic’10 act
m-newwave.b
FLESH&BLOOD ドラマCD特集ページ
Category
Comment
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ 本屋の森のあかり
これまた密かに楽しみにしているシリーズ♪

うちがまんがを買い始める動機はある程度巻数が出揃ってからなんだけど、これもそんな中の一つ。
4巻出た辺りから読み始めました。

一つに惹かれた理由は題にもあるように
『本屋』が舞台ってこと。
そして、リアル本屋。この設定がいい。

二つ目はそれぞれ話のタイトルが既存の作品たちに例えられていること。
知らないものも勿論あれど、有名な児童文学とかになぞらえてるのがときめく。(*^_^*)


このまんがを読んでると都内の大型書店とか図書館に行きたくなるんだよね。
自分とは接点がないような溢れる本の数々だけど、読破はしないでも興味本位程度に雑学をかじってみたり…

そういう楽しみがこの作品にはある。


それにしてもこの方、1巻と新刊みてもらえれば分かると思うんだけど、背景の腕が異様に上がっている。
どうやらデビュー作ってことで、1話目とかは一人で仕上げていた模様。

たぶん何話めからかアシさんを雇ったんだと思われる。
結構はっきり違いが分かります(笑)

でもこれで改めて悟ったのがまんがの命は 『読ませる』ことだなと…
別に上手くないとかいってるわけじゃないですがね。

うちも絵描く子なんでね、
イラストがダメなら話で!
――と思ったんだが自分起承転結できないからまんがなんてもっての他でした
   …(´A`)

ホント専門3年間なにやってたのか日に日に自分に問いたくなってくる。
(今更か!)


とりあえず、たぶん三角関係を迎えるんじゃないだろうか展開に期待しとります。
(*^o^*)
| 漫画 | comments(0) |
■□ スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex