Parmanent Yellow

おもに洋楽とマンガを愛する、アルパカニアの徒然日記…

Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Profile
my summersonic’10 act
m-newwave.b
FLESH&BLOOD ドラマCD特集ページ
Category
Comment
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ SUPER LOVERS
評価:
あべ 美幸
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 588
(2010-07-31)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


CIELでの連載が決まってから絶対買いたかったこの一冊。


ついにあべさん冬水から離れたかぁと興味津々だったもの

冬水の属性は知っていたけども、あそこは一応少女マンガで売っているんだよね。

確か…

もうさすがにCIELは卒業かな…と思っていた矢先だったけど
(なんていうかCIELはやたらと甘口すぎる…)
タイミングよく角川引き抜いたなぁという感じでおま。

きっとロマンチカ以外にもヒット作作りたいんだろうな…



読んだ感想ですが、うんあべさんらしい。
昨今のBL事情はまぁ絡みありきだし、2〜3回目を見交わせば大体性的ニュアンスが汲み取れる(それが売りか!)
だからこそラヴァーズのこういう展開すごいほっとしますわ。

それにしてもハルのかっこいいくせにけっこう敷かれてるところが好き。
母にも双子にもレンにも…!

そしてなにこのブラコン合戦。ハルも相当だけど、亜樹さんが一番。このあまのじゃくめ

それでもって、レンがすごい男前できゅんとする。


ちなみに今巻はキス止まりです。

といっても親愛のキスみたいなもんですがね…
おおかたどう進むのかうちには予想つかないなぁ。

角川ってどうなの


そうそう前日買ったマンガ文庫っていうのがあべさんの困星。

むかし、友達に借りて読んでいたんだけど集めてはいなかったのよね。
ん〜なんていうかあくまでニアだったし、まっいいかって時期があったのよ。


今考えりゃ花ゆめみたいなもんじゃん



うちも若かったなぁ〜
| 漫画 | comments(0) |
■□ 一番のオススメはカバー裏


あんだけ金ないとかいっといてまたマンガ買ってる満作です。
いやぁだってマンガはうちにとっての究極の癒しだす。 (*´A`)

んで今回新たに仕入れたのはとなりの怪物くん。


前から気になっていたんだけど、なんせKCデザート系って今までかすったことさえなかったからちょっと遠巻きにしてました。
でも食わず嫌いは良くないね、いやぁおもしろいっすよ。聖兄以来、電車の中でやたらニタニタ読んでしまってやばいんじゃないかと心配したほどに(笑)
(断っておきますが、笑の種類は違うから)

いやぁ表紙がいつも首輪で繋がれてるんでどんなマンガじゃい!? と思ってたんだけど、非常に主人公の男の子がワンコなマンガです。
しょっぱなから勘違い起こしてヒロインを慕ってくるわけですが、そのバカっぷりが憎めない(でも実は秀才)。
で、抜けてるのかと思いきや気持ちはドストレートに伝えてくるわけですね。
ここまで、直球だと清々しいのなんの。
こういう素直なバカ大好きですうち。

そのヒロイン雫もドライアイスとか呼ばれちゃうくらいクールな訳なんですが、ハルに負けないくらい素直。
思ったことはすぐ口に出しちゃうものだからお互い告白合戦の繰返しなんだけど、なんせ恋愛体質じゃないものでダダ滑り(笑)


がんばれ2人とも


そして、突っ込み要素まんさいのボケの数々がこのマンガの味!

なぜマスコットキャラがニワトリなのか!?

ハルのスイカ割り。ごめん最初スルーした!うん、アレは違う(笑)

さて何より共感したのが夏目さんの試験。
「ヤマ当たっても、勉強できなければ意味ナシ」
そう、そう、そうだよ!
こんなもんよ実際!!

恋愛とかまったく関係ないこういった些細なことからはまっていったりします。


7月に最新刊が出るので楽しみです
| 漫画 | comments(0) |
■□ 財布が〜
 
今週は買ってる少女マンガが相次いで新刊発売で
財布がゆるみっ放しだっつうの

もっとうまく分散して発売してくれないものか…

ちなみに買ったものは、

  ちはやふる
  君に届け 
  本屋の森のあかり

どうやら、ちはやふるは友達ウケがあまりよくないみたいだけど
うちは一番楽しみにしてる 間空けて読んでも楽しいしね。
何より、中学のときにうちも百人一首やったから思い入れがある。
今思い返すとあれが源平合戦なのね まんが読んで初めて理解した。

あぁ〜早く 新vs太一、ちはやvs新を見たい〜

君に届けは、もう大団円を迎えてるのでこれといった新しい展開はないのだけれど、
シンプルな恋模様が本気で応援したくなる
そして、実写の映画のほうも配役決まったみたいだね〜


なんと爽子役が、多部未華子。
うわ〜盲点だったうんなかなかいい配役なんでない。
うちも未華子ちゃん好きなんで応援しちゃう。

一方ちょっと意外だったのが、
風早、三浦春馬。

文句はでないが、爽やかで攻める三浦氏を想像ができず…
でも応援してるよ。

本屋の森〜は何が気になるって、緑のの着脱率()
最初はぜんぜんかけてなかったんだけどね、
巻を追うごとに装着率がup
しかも絶妙なバランス感覚でかけてたり、かけてなかったり。常にかけてないところが◎。
性格も読むたびに硬いところが絆されてきていい感じに
(ってなんでめがね萌の話に

それにこのまんがを読んでると、読書の血が騒ぐ。
有名な作品から、ちょっとマイナーな童話まで読んでみたいなと
思わずにはいられない。
「くるみ割り人形」も読み直してみたいな〜
小さい頃、紙芝居を持っていたんだけどそんなロマンチックな終わり方だっけ
気になる

そしてすべてのキャラの恋の行方がね


あと…アポロンも買わないと(金ない)
| 漫画 | comments(0) |
■□ アーメン☆
▼ここから本文を書く▼
5月も末…そろそろヘタリアと聖おにいさんの新刊発売日じゃないですか!?


そうそうヘタリアは特装版買おうかどうしようか悩んでる。

だって2巻の特装版たいしたことなかったんだもん。
あれくらいなら通常でもいいやと思いつつ、買っても後悔しなくてすむのはやっぱ特装版?

ん〜(〃_"_)

ちなみにヘタリアは映画の前売りの特典がアイスランドのカラコレでちょっと心が揺らいだ。
でも90%見に行く気がないので(ヒドっ)諦めたよ。
誰か前売り買って特典いらないって人いたら待ってます!(笑)


でも何より楽しみは聖☆おにいさんですよ。
あぁ早くこの澱んだこころを昇華してほしい(´A`)



| 漫画 | comments(0) |
■□ 最近のまんが事情


あぁやっと恋愛操作 新刊出たよぉ〜

待った!ちょ〜待った!!(笑)


去年の秋に前2冊を買って、からというもの最新刊出るの心待ちですよ。
でもはまったのがこのタイミングで良かったなぁとも思う。

だってもっと前だったら雑誌のバックナンバーに手を出してた。

いや、絶対買ってたね!



しかし、薙×恵のカップルほんと好き。
そしてやっぱり恵の天然は最強です。(笑)
でも抜けているとか流されやすいとかじゃなくて、芯の強いところとか(手綱さばきとか)が良い。

そして年下×年上っていうのがツボ。
しかも攻めのあまのじゃくなところがさらにどツボ。

もちろん、奥村×啓も好きです。
これまた啓の素直じゃないところが可愛くて好き。

いつも言ってるけど、不器用体質な人ほんと大好き。(笑)

書き下ろしもほんと良かった!
大人気ない大人たち(恋人たち)が(一人を除いて)痛快!


しかし、今回式さんが良い味出しまくりです。

今後は彼の話があるんじゃないかと期待してるわけなんだけど、掲載は不定期だしいつになるやら…
でも連載すれば雑誌もちろん買うよね。


ちなみにこの最新刊はアニメイト限定と通常版の別柄カバーがある上に、対象書店での購入でペーパーがつくというキャンペーンをやっていて、会社的には汚い。

まぁそんなことを言いつつ乗せられているわけなんですが…

とりあえず待ちきれなくてアニメイト版を購入したので、出かけに通常版を買おうという寸法。
まぁ、被っちゃうけど… いい!



あと最近、鹿乃しうこさんの“Punch↑”も読み出したよ。

明きからに数年前のうちなら作風も絵柄も圏外だったと思うけど、
BLが世間に認知されてきた今は作家も多く生まれ、作品も多く作られて排他的なものも生まれる中、かなりクオリティが高いのだなぁと認識。

ただP.B.Bは性に合わないけど…(読んでないが)
あぁいう外見が軽いお兄さんダメです。
ましてやホストだし。

やっぱ話は設定とキャラが重要ってことよね。
まぁ当たり前か、それ差し引いたら何も残らないし。

しかし、志青が変態でバカなのに嫌いになれないのはなんででしょう?

オレの天使が淫魔発言とかウケる。


それにしても最新刊の王道的な展開にもつれ込んだのはなぜ…?

まぁ円満に終わってくれればいいですよ。




とりあえず近頃はこの手のジャンルに丸くなったと思う。
歳かな…
でも何でもかんでも手を出さない代わり、これってものにはまってしまってオタク度が増したのか、増してないのか…ジャッジかけたいとこです。
| 漫画 | comments(0) |
■□ 本屋の森のあかり
これまた密かに楽しみにしているシリーズ♪

うちがまんがを買い始める動機はある程度巻数が出揃ってからなんだけど、これもそんな中の一つ。
4巻出た辺りから読み始めました。

一つに惹かれた理由は題にもあるように
『本屋』が舞台ってこと。
そして、リアル本屋。この設定がいい。

二つ目はそれぞれ話のタイトルが既存の作品たちに例えられていること。
知らないものも勿論あれど、有名な児童文学とかになぞらえてるのがときめく。(*^_^*)


このまんがを読んでると都内の大型書店とか図書館に行きたくなるんだよね。
自分とは接点がないような溢れる本の数々だけど、読破はしないでも興味本位程度に雑学をかじってみたり…

そういう楽しみがこの作品にはある。


それにしてもこの方、1巻と新刊みてもらえれば分かると思うんだけど、背景の腕が異様に上がっている。
どうやらデビュー作ってことで、1話目とかは一人で仕上げていた模様。

たぶん何話めからかアシさんを雇ったんだと思われる。
結構はっきり違いが分かります(笑)

でもこれで改めて悟ったのがまんがの命は 『読ませる』ことだなと…
別に上手くないとかいってるわけじゃないですがね。

うちも絵描く子なんでね、
イラストがダメなら話で!
――と思ったんだが自分起承転結できないからまんがなんてもっての他でした
   …(´A`)

ホント専門3年間なにやってたのか日に日に自分に問いたくなってくる。
(今更か!)


とりあえず、たぶん三角関係を迎えるんじゃないだろうか展開に期待しとります。
(*^o^*)
| 漫画 | comments(0) |
■□ 坂道のアポロン
このマンガがすごいで騒がれてて、気にはなってたんだけど当初ちょっと遠巻き気味でした。

なんでか?基本絵柄があまり好みではなかったのと、あらすじ読む限りじゃあまりぱっとしなかったのだよ。
結構ありがちというか…

しかし、久しぶりに書店で棚眺めてみたら新刊の帯にジャズの文字が!!

うわ〜音楽マンガは多々あれどジャズですか!?

って自分ジャズ聴くわけじゃないんですがね。

そんなこんなで一気に気になり出して読み始めましたよ(笑)。



そしておもしろいではないですかぉ(´ω`)
もぉ恋する男の子ってなんでこんなにかわいいのかね〜
好きな女の子に眼鏡はずした姿がハンサムねって言われて、その子に会う度眼鏡はずしちゃったり。
しかも、かなり(笑)
それぞれ恋に疎い主人公2人が微笑ましい。それにしても、主人公意外も皆様かなり痛手の一方通行なんですが… (´A`)


しかし、アポロンを推すのは勿論なんだが、この方は同時収録の短編も秀逸!
読み切りよりも圧倒的に少ないページ数(16Pくらいか?)でめちゃ読ませる。
インパクトでか過ぎます。
シュールでどこかファンタジー。
そして最後には温かくなれる。
いいです! 素敵です!

それにしてもこれがきっかけでジャズがすごく聴いてみたいです。サントラも出てるみたいだし買っちゃうかなぁ〜
これを気にジャズに少しでも目覚めると仕事の手助けになるんだが(^_^;)
でもこの作品はドラマCDにするとより楽しめると思う。
1巻で千太郎がドラム叩く真似して、薫が『これはジャズ?』っていうシーンとか絶対ドラマCDならではでしょ!!

音でも楽しみに出来るなんて頼もし過ぎる。出来たら是非にも聴いてみたいわ〜(笑)
| 漫画 | comments(0) |
■□ 放課後のカリスマ
091201_2310~01.JPG
ふら〜っと本屋立ち寄ったら新刊出てるじゃないですかぁ!!


ただ勢いあまって最初の店で買わなくて良かった〜(汗)。
芳林堂に行ったら、しおり付きで売ってるんだもん。
この書店。何かとコミック強くて、特典つきなんて当たり前なんだよね。
いやぁ危なかった!
(-д-;)

そして、しおりの絵柄はナポレオンに
(*^_^*)
フロイトにするかで迷ったんだけど、ナポレオンの軍服姿が萌えたので☆
フロイトももうちょっとコスプレっぽかったらなぁ…


さて本編ですが、史良のクローン説で揺れてましたね。
そして、相変わらずモーツァルトコワい
(;´A`)
高笑いが聞こえてきそうだよ。

まぁ、うちは理事長が一番受け付けないんだけど。
前巻からあまり好きではなかったが、今回の養豚場の豚発言はちょっと…
その理屈どうあっても認められないから。
もし、これが認められるなら国家崩壊か猿の惑星になったときだろ。

それはさておき、今回はメンバーのコスプレが見れて楽しかった☆(コスプレってこの場合適切じゃないのか?)

そして、意外や意外な一休さんのうんちくのときのフロイトの反応が可愛い!!
(≧ω≦)
確かに他のメンバーの功績を見るに、フロイトって何したか分らないもんね。

うちの知識も

  フロイト=夢

しかないし。(笑)


それにしてもマンガ界に革命をもたらす設定を思いつくものです。

似たり寄ったりの話は多々あるけど、どうして誰も思いつかなかったんだ!!と感心してしまえる作品って少ない。
その数少ないマンガの一つだよカリスマは!!

さて、いったい史良は誰なんでしょうねぇ?


| 漫画 | comments(0) |
■□ ストロボ・エッジ
ついに出ましたストロボ最新刊!!


ほんとにこんなにキャアキャア言って読んでる少女まんがないです。(笑)


読んではあまりの可愛い主人公たちの恋愛感情に微笑ましいやら、恥ずかしくなっちゃうやらでめちゃくちゃニヤニヤ(≧ω≦)

聖兄とは違った意味で外では読めない。
同じ読者が私を見たら、なんでそんなに紅潮してんのか不思議な目で見られそうだ!

いやぁしかし、裕太郎やっぱりかっさらって行きました。
中学校時代が初々しくて可愛い。(*^_^*)


そして、学っちゃん!!今回も素敵だ〜☆
キューピットにまたも奔走して、相も変わらず健気です(笑)。
それでもって、ひどい誤解もしてました(笑)。
まぁ安堂くんは違うかな?
でも、君ならモテるようん(笑)。


しかし、ストロボのキャラでシュミレーションゲームとか作ったらうち卒倒しそうです。こんだけ、複数の男子に好感度良いのはなかなかないですもん。

そしてその魅力を更に引き出しているのが、ファッションといえる。
絵上手いとかそりゃ常套手段ですが、服のセンスも意識できると尚のことかっこよくなるものです。
結構これできる人は少ない。
正装ではなくてカジュアルでがポイント!
スーツなんて手抜きだね。
Yシャツとパンツで
OKとか思ってるやつは緩い。

かといって自分の好みはTシャツとジーンズだったりしますが。
(説得力ねぇ)

咲坂先生はさすがです。(*´A`)

そういえば来月の
マーガレットに学っちゃんの短編がふろくにつくそうな!!
そりゃ買っちゃうよ〜楽しみだぁ
    ☆(≧▽≦)
| 漫画 | comments(0) |
■□ 乙嫁語り
あ〜先越された!!

買おうと思っていたところに姉から「読む?」と切り出されてしまった。
こういうときってすごいショックでかい…。
自分用に買ってもいいけど、壁一枚隔てればすぐ読めるんだもん。なかなか買うにはならないよね、家族内じゃ(´A`)

そんでも、うちと姉で買う本ってあんま被んないんだよね。
被んないってことは色んなの読めるってことだけど、被んない=趣味合わない ってことだからね。
いいのか、悪いのか…


それにしても、やはり森先生は描き込みが素晴らし過ぎる!!
エマでは、レース。今作では絨毯の模様とか柱の細工とか。
これを悦んで描いてしまうんだから恐れ多い…(´A`;)
きっとこれだけのやる気と意気込みがあればうちも、もうちっとはイラストに打ち込めたかなぁ?

ちなみにこのお話はイギリスから転で、トルコ辺りの部族の話と思われる。
しかし、嫁に行くのが20歳で遅いって…今のアラフォー怒っちゃいますよ。(笑)
まぁ旦那が12歳っうのが若過ぎるんだけど、でも若いのに妻を娶ったっていう自覚がちゃんとあって奥さんの帰りを心配したり、かなりしっかりしてます。
12ってまだ日本じゃ小6だよ〜。
遊び盛りだろうに…末子相続だとこんなにも大人びるのかしら。

ちなみにキャラでは個人的には居候のスミスさんが好きです!
ウルルン滞在記のレポーターとかきっとこんな具合よね。(笑)
ちょっとオタクくさいとこが良い!!
うち、科学とか歴史オタクとかそういうキャラ大好きなのだ。
(^O^)
なんで、BONES(海外ドラマだが)劇はまり!
骨とか土、虫オタク。なんか生々しいのに飄々と自信に満ちてるのが素晴らしくかっこいい。
スミスさんも民俗学オタクなオーラ漂ってるもんね。
素敵だ!(笑)

| 漫画 | comments(0) |
| 1/2 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex